データで観るBリーグ

Bリーグをデータから楽しむブログです。

2018-19シーズンB1定点観測 - 第4節(7ゲーム)終了時点

データをネタにしてコンテンツを作っているとひとつ弱点がありまして、それはデータが集まるまではしばらく何もできないということです。新シーズンがはじまって大盛り上がりしているのに、私はひとり昨シーズンの話ばかりをしていて寂しく感じていたりして…

タイムシェアを指標化して、常時オンザコート2の影響を視覚化する

今シーズンからいわゆる常時オンザコート2となり、外国人選手が常に2人コートに立てることになりました(ベンチ入りは2人まで、選手登録は3人までです。)これに伴い外国人選手のプレータイムにファンの注目が集まっています。この記事ではタイムシェアを指…

Bリーガーの身長データを使ってRの初歩的な集計と可視化をやってみる

今回はバスケットボールの話ではなく技術系のネタです。 はじめに 実際のBリーグの選手データ(名前、所属チーム、身長、体重など)を使ってRの使い方やデータ分析の考え方の初歩に触れてみたいと思います。ちなみに以下の記事はその選手データを用いて書い…

「カワサキ・スリーポイント・チャレンジ」にデータを使って挑む

川崎ブレイブサンダースのこんな興味深いイベントを発見しました。 来週10/17(水)の川崎ブレイブサンダース対シーホース三河戦において、川崎が何本のスリーポイントを成功させるのかを当ててみようというイベントです。半分ネタのノリっぽくはあるのです…

純粋にデータだけで2017-18レギュラーシーズンのベストゲームを探す

Bリーグファンの皆さんにとって一番の悩みと言えば、そう、観たい試合が多すぎることですよね。フルの観戦はもちろんのこのと、ダイジェストですらすべての試合をチェックしようとすると大変です。2017-18シーズンもいくつの名ゲームを見逃したのでしょうか…

Bリーガーの体格を可視化する

いつも楽しく読ませて頂いております、としおさんのブログの以下の記事が面白かったので私も相乗りさせて頂きます。 ここではBリーグ全選手(と言っても2週間くらい前のある時点で公式サイトに載っていた全選手です。B1とB2のチーム所属の選手のみです。)の…

「アルバルク東京のディフェンスはすごい」をデータで検証する

昨シーズンのチャンピオンに輝いたアルバルク東京ですが、ルカHCの練習での厳しさとチームのディフェンスへのフォーカスが話題になりました。よって同チームはすっかりディフェンスが強いチームというイメージが出来上がりましたが、それがデータにも表れて…

書評「稼ぐがすべて」(葦原一正)

稼ぐがすべて Bリーグこそ最強のビジネスモデルである作者: 葦原一正出版社/メーカー: あさ出版発売日: 2018/09/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る Bリーグの事務局長である葦原一正さんが書かれた「稼ぐがすべて」を読みました…

「リバウンドを制する者はゲームを制す」を見てみる (2)

前回の記事の続きです。 ご存知の通りリバウンドにはディフェンスリバウンドとオフェンスリバウンドがあり、チームの戦略などによってはかなり意味合いが異なってくるものなので分けて見てみましょう。最近では例えば「相手にファストブレイクで得点されるく…

「リバウンドを制する者はゲームを制す」を見てみる

ある1試合の総リバウンド数のうち、何%をチームAが、残りの何%をチームBが取ったのかを見てみましょう。これを「リバウンド支配力」と勝手に名付けたいと思います。例えば両チーム合わせた総リバウンド数が100で、チームAが60本のリバウンドを取っていたらチ…

開幕なのでBリーガーのデモグラフィックデータを見てみる

さてB2は開幕、B1はいよいよ開幕直前となりましたね!またあの熱戦の日々が始まります。3年目となるBリーグですが、事務局の葦原さんによりますとJリーグは3年目から観客動員が下降に入ったそうです。 Jリーグのデータすごく面白いです。CAGR(年平均成長率…

各選手がどのように得点を挙げているのかをグラフにして見てみる

NBAの2017-18シーズン、MVPにも輝いたヒューストンのジェームス・ハーデンは試合平均で30.4点もの得点を挙げましたが、その36%はスリーポイント、28%はフリースローによって挙げられた得点であり、2Pシュートによる得点はわずか35%です。一方でキングことレ…

2018-19シーズンの個人的な展望

Early Cup 2018、男子日本代表のWindow4と終了しました。まだTerrific 12とFIBA Asia Champions Cup 2018とかあるものの、ちょっとひと段落といったところでしょうか。 今回は普段しているデータの話とはあまり関係がないのですが、個人的なBリーグ2018-19シ…

淡々と数字だけで振り返る2017-18の永吉(京都)、橋本(大阪)、今村(新潟)、佐藤(滋賀)

永吉佑也(京都) 昨シーズンは57試合に出場(内56試合はスタメン)し、総得点は469点はチームで5位でした。個人的にはスミスとマブンガは別枠として、京都の伊藤から晴山くらいまでが誰でも点を取ってくるスタイルのバスケットは好きです。 得点を試合平均…

2017-18シーズンのトリプルダブルを振り返る

NBAのオクラホマ・サンダーからラッセル・ウェストブルックが来日し、大いに日本のバスケット界が盛り上がったようです。 ウェストブルックはシーズン平均でトリプルダブル(3つの指標で2桁の数値を記録する)を達成するなどの大記録からMr. Triple-Doubleと…

Bリーグの最成長選手賞を勝手に表彰する

NBAにはMIPことMost Improved Player(最成長選手賞)という賞が設けられていますが、私の独断と偏見でこの賞をBリーグの選手にも授与してみたいと思います。 Bリーグも2シーズン目が終わったので、単純に1シーズン目と2シーズン目を比べて目立った変化があ…

スタッツリーダー争いの推移を見てみる

スタッツリーダー争いはシーズンを観る中での楽しみのひとつになっています。各スタッツリーダーは先日のアワードイベントで賞を受賞し、かつ今回はGQに写真掲載というおまけつきでしたが、スタッツリーダーがシーズン60試合の中でどう争われていたのか、そ…

栃木ブレックスが手に入れるのは比江島の高い決定力

比江島が三河から栃木に移籍するというニュースが大きな話題になりました。このオフはサプライズ移籍の報が続いておりますが、流石にこれ以上のサプライズニュースは出ないのではないかというくらいのビッグニュースでしたね。余談ですがこうしてオフシーズ…

個人の2017-18シーズン1試合最高値を振り返る(動画付き)

Bリーグの2017-18シーズンも閉幕、FIBAワールドカップの二次予選まではしばしお預け、渡辺雄太が挑戦したNBAサマーリーグも終わってしまい、すっかりバスケットボールに渇望している今日この頃のバスケファンの皆様、いかがお過ごしでしょうか。 この記事で…

スクレイピングでBリーグ全選手の試合ごとスタッツを取得する

このブログはBリーグ観戦の肴になりそうなデータ分析の結果を主なコンテンツにしていますが、ときどきその裏でどういう技術的なことをやっているのかについても書きたいと思っています。これはその第1号です。よってこの記事の内容はBリーグやバスケットに直…

宇都直輝の2035分をデータで振り返る

2017-18シーズンの宇都直輝のスタッツはすごいです。 59試合に出場しリーグでただひとり2000分を超えるプレー時間を記録(ちなみにプレー時間リーグ2位はチームメイトの大塚裕土)、試合平均得点は日本人最多の17.0点、そしてご存知の通りアシスト王を受賞、…

機械学習でBリーグの選手を13タイプに分類してみた

今回の記事は半分ネタです。 ご存知の通りバスケットはひとつのチームから5人がコートに立つスポーツです。よって往々にして選手は5つの役割に分割して語られがちです。それを1番から5番と呼んだり、ポイントガード、シューティングガード、スモールフォワー…

B2ナンバーワン攻撃力を持つチームはFE名古屋で、勝率1位の秋田は6番手

B1の各チームの得点効率と勝率の相関関係についてはこちらの記事で分析しました。 同じ要領でB2各チームの2017-2018シーズンの得点効率と勝率の関係をみてみましょう。なお上の記事でも説明していますが、得点効率とは攻撃ターンが100回相手から回ってきたと…

B2にはスリーポイント成功率40%超えが3人。B1では喜多川のみ。

田口成浩が秋田から千葉に移籍し大きな話題になっています。プロとしてのキャリアすべてを過ごしてきた、そして自分の出身地でもある秋田を離れるのは相当な想いがあってのことでしょう。今後とも注目です。 さてこの移籍をきっかけにB2のスリーポイントシュ…

B1全選手の"得点力偏差値"を算出してみた

タイトルのとおりですが、2017-18シーズンのスタッツを使ってB1全選手の得点力偏差値を算出してみました。全選手がひとつの記事に並ぶとけっこう爽快です! 算出の方法 今回は出場時間(分)ごと平均得点を使って偏差値を算出することにしました。総得点や試…

移籍をきっかけに2017-18シーズンで飛躍した選手は誰か?

移籍後に飛躍した選手を探す Bリーグもオフシーズンに入って、すっかり話題はバスケのワールドカップと選手の移籍です。私も今週金曜日のオーストラリア戦、首を長くして待っているところです。 さてこの記事はもうひとつの話題の移籍についてです。2016-17…

書評「千葉ジェッツの奇跡」(島田慎二)

千葉ジェッツの奇跡 Bリーグ集客ナンバー1クラブの秘密 (角川書店単行本)作者: 島田慎二出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2017/09/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ご存知千葉ジェッツふなばしの社長である島田慎二さんによる…

アルバルク東京がディフェンス力でファイナルを制することはデータから読めていたか?

まだ記憶に新しい横浜アリーナで開催された2017-18チャンピオンシップのファイナルですが、アルバルク東京が力の差を見せつけた形で千葉ジェッツふなばしに勝利した言っていいと思います。 翌日の富山グラウジーズ対熊本ヴォルターズが大接戦の死闘だったこ…

スリーポイントの数字を少しだけ詳しく見てみる

2017-18シーズンのスリーポイント成功率王に輝いたのは栃木の喜多川でした。おめでとうございます。 規定をちゃんと読んでいなかったのですが、51試合以上に出場していることが条件になっていたんですね。スリーポイントを決めた回数に制限があるのは知って…

特定の選手の得点力に各チームはどれくらい依存しているか?

経済の世界ではパレートの法則、または80:20ルールとして知られている現象があります。例えばあるブログサイトでは20%のユーザーが80%の記事を書いていたりですとか、80%の仕事は20%の時間で片付いてしまうとか、実に様々な所で観測される現象です。 バスケ…