データで観るBリーグ

Bリーグをデータから楽しむブログです。

各選手がどのように得点を挙げているのかをグラフにして見てみる

NBAの2017-18シーズン、MVPにも輝いたヒューストンのジェームス・ハーデンは試合平均で30.4点もの得点を挙げましたが、その36%はスリーポイント、28%はフリースローによって挙げられた得点であり、2Pシュートによる得点はわずか35%です。一方でキングことレブロン・ジェームはその得点の62%を2Pシュートにより挙げています。

このように各選手の得点スタイルはその選手の技能や、属しているチームのシステムによって大きく違い、スリーポイントで多くの得点を挙げる選手もいれば、ファウルをもらう技術に長けていて(またはそれがその選手の役割で)、多くの得点をフリースローによって挙げる選手もいます。

この記事ではBリーグの各選手の総得点が、それぞれ2Pシュート、スリーポイントフリースローのどのような組み合わせで挙げられたのかをグラフにしてみたいと思います。選手は総得点の多い順に上から並んでいます。名前の横にある()内の数字が総得点です。

総得点1位から10位の選手

f:id:rintaromasuda:20180919154030j:plain 目立つところでは北海道のトラソーニがインサイドの選手であるにも関わらず、総得点の18%をスリーポイントで挙げていることです。昨今のバスケはインサイドの選手もアウトサイドのシュートが求められるようなところがありますが、トラソーニはそれを実践しているプレイヤーのひとりだと言えるでしょう。

またそれとは逆なのが富山の宇都で、アウトサイドの選手であるにも関わらず大量の得点を2Pシュートで挙げているという稀有な選手です。

金丸はピュアなスリーポイントシューターというイメージがありますし、フリースロー確率王なのでフリースローのイメージも強いですが、実際にはその得点の約52%は2Pシュートによるものです。比江島がいなくなったいま、2Pシュート割合は今シーズンより増加するかもしれません。

総得点11位から30位の選手

f:id:rintaromasuda:20180919154530j:plain f:id:rintaromasuda:20180919154540j:plain 西宮のバーンズ、横浜の河村、京都のマブンガ、千葉の小野など多くのオールラウンダーが見られます。様々な形で得点ができる彼らは相手のチームにとってとても脅威であると思います。さらに注目するべきはマブンガはフリースローによって30%以上もの得点を挙げていることです。これはリーグ1の数字で、ある意味最も効率の良い点のとり方をしている選手だと言えると思います。

総得点31位から60位の選手

f:id:rintaromasuda:20180919155125j:plain f:id:rintaromasuda:20180919155133j:plain f:id:rintaromasuda:20180919155152j:plain ここまで来てはじめて三遠の田渡と京都の岡田がスリーポイントによる得点割合60%超えとなっています。岡田に至っては70%に到達する勢いで、京都のバスケの中で如何にピュアなスリーポイントシューターとしての役割を担っているかが分かります。フリースローが極端に少ない島根の佐藤も同様でしょうか。

今シーズン奈良に移籍したJPことジェフェリー・パーマーも非常にバランスの良い点のとり方をしていますね。

総得点61位から100位の選手

f:id:rintaromasuda:20180919155711j:plain f:id:rintaromasuda:20180919155720j:plain f:id:rintaromasuda:20180919155729j:plain f:id:rintaromasuda:20180919155741j:plain 北海道の鉄人こと桜井も実はフリースローで28%も得点を挙げています。あまりファウルをもらっているイメージがなかったので意外だったのですが、そのタフな身体を活かしたアグレッシブなプレーでフリースローの機会を多く設けていたようです。

総得点101位以降の選手

残りの選手についてはグラフだけ貼っておきます。皆さんの応援する選手の得点割合は想像通りでしたでしょうか? f:id:rintaromasuda:20180919160309j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160318j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160326j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160335j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160350j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160359j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160408j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160417j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160426j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160434j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160442j:plain f:id:rintaromasuda:20180919160450j:plain