データで観るBリーグ

Bリーグをデータから楽しむブログです。

データからベストシックスマンを探す

2017-18シーズンのベストシックスマン賞には川崎の藤井祐眞が選ばれました。この受賞にケチをつける目的では一切ないですが、データから他にもベストシックスマン候補がいなかったのか探してみたいと思います。

ベストシックスマンを私なりに定義すると、以下のような条件を満たしながら活躍した選手だと思います。いずれも定量的な評価です。

  • スタメンでは多くの試合に出ていない
  • 出場試合数は多い(途中出場するので)
  • 出場時間数は平均か、それよりちょっと下

まずはこの尺度で藤井の数字を見てみましょう。

TEAM PLAYER 試合数 スタメン試合数 出場時間(分)
川崎 藤井 祐眞 60 11 1419.12

全ての選手の出場試合数と出場時間をプロットすると、藤井は以下の赤い点上に位置します。X軸は出場試合数、Y軸は出場時間(分)、点の大きさはスタメンで出場した回数の多さを表しています。

f:id:rintaromasuda:20180617000101j:plain

正直データからも藤井の受賞は妥当、いや申し分ないくらいに見えますが、いずれにせよ他にも素晴らしいシックスマンがいないかどうか探してみます。

以下、出場試合数は55以上、出場時間数は750分以上、スタメンでの出場数は15以下という選手をピックアップしました。赤い点がそれらの選手です。

f:id:rintaromasuda:20180617000708j:plain

2017-18シーズンのシックスマン

TEAM PLAYER ポジション 試合数 スタメン試合数 出場時間(分) 分単位得点
西宮 ドゥレイロン・バーンズ SG/SF 59 2 1142.70 0.70
名古屋D クレイグ・ブラッキンズ PF/C 59 10 1290.08 0.53
富山 デクスター・ピットマン C 57 13 1015.27 0.64
三河 アイザック・バッツ C 60 9 1622.28 0.36
名古屋D ジェロウム・ティルマン PF 60 1 1042.20 0.53
A東京 ジャワッド・ウィリアムズ PF 59 0 1165.58 0.46
川崎 藤井 祐眞 PG 60 11 1419.12 0.36
北海道 折茂 武彦 SG 60 3 1114.48 0.42
大阪 デイビッド・ウェア SF/PF 60 13 988.73 0.47
京都 片岡 大晴 SG 60 8 1176.75 0.36
横浜 田渡 凌 PG 58 11 1043.53 0.36
千葉 石井 講祐 SG 60 13 1141.28 0.32
A東京 ザック・バランスキー SF/PF 57 8 1066.48 0.30
栃木 生原 秀将 PG 57 0 1005.67 0.29
新潟 池田 雄一 SF 60 12 1151.37 0.22
大阪 合田 怜 PG 58 4 1027.23 0.24
京都 内海 慎吾 SG 60 4 1110.30 0.21
琉球 二ノ宮 康平 PG 57 0 752.68 0.28
北海道 川邉 亮平 SF 58 10 908.90 0.22
名古屋D 藤永 佳昭 PG 57 7 870.82 0.20
川崎 鎌田 裕也 PF/C 58 0 787.35 0.17

分当たりの得点力も高いですし、私としては北海道の折茂にベストシックスマン賞をあげたくなってしまいますね。富山のピットマンの得点力も光ります。

栃木の生原は田臥のバックアップとして今シーズンは活躍しましたし、京都の片岡、横浜の田渡、千葉の石井、新潟の池田など素晴らしい選手達が並びました。

今回は分当たりの得点しか見ていませんが、他の指標も分当たりの数値にすることで、もっと面白い結果になるかもしれません。